読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙とボートとSideM(後)

SideM アイドルマスター ゲーム ライブ
 
ぐっとSideM沼にのめり込むようになった理由は、もう一つの担当ユニットにある。
曲から入ってそのまま教師ユニット一直線だと思われるかもしれないけれど、友人からの布教の際にパッと目を引かれたのは実はS.E.Mじゃなかった。(曲はダントツで好みだったし、インパクトも飛び抜けていたけれども!)
 
ロゴや衣装、ユニットコンセプト、キャラクターの第一印象。
どのユニットもみんな個性的で面白くて、でも好みのど真ん中だったのは、当時まだCDの出ていない・・・というか、できたばかりの新ユニット「Legenders」だった。
 
あるのは2枚のカードと雑誌*1だけ。
カードも今のようにスカウトの対象にはなっておらず、何かしらのガチャやパネルミッションの報酬でしか手に入らない。だから友人の紹介もさらっとしたものだけだったけれど、どうしてか一番気になった。
元ネタがあるタイプのあれこれに、めっぽう弱いというのはあるんだけど。
 
狩衣みたいな衣装のあなたは? 苗字がそれってことはやっぱり??となり、
なんだろうこの珍妙な苗字・・・あ、コロンブスだからか!となり、
五七五といえば松尾芭蕉なところを、あえてその師と弟子から名前を持ってくるセンスよ・・・と、脱帽した。そらくんの名前、ほんっとーに素敵で最高じゃない?
(当時候補生登場→デビュー決定までの流れはまだ知らなかったので、後から知って他の候補生たちのことも応援したくなったのだけど、それはまた別の話なので置いておく)
 
でもたぶん、ほとんど一目惚れみたいなものだったんだろう。全ユニットを知った今でも、あの時の「なんとなく惹かれる」感じは忘れられないし。
 
それでぼんやりと「私、ここの担当になりたいかもしれない」と言うと、友人は「いいんじゃない」と答えた。
「好きになるには、いいタイミングだと思うよ」と付け足して。
 
いいタイミング。今思えば、それが一番のきっかけだったかもしれない。
 
SideMは新規参入ユーザーにも割と優しいゲームだ。アイテムを集めれば雑誌も過去のイベントストーリーも全部読める。
でも、自分がこれから全部リアルタイムで知ることができるのはLegendersだけだった。
 
「最初からは知らない」というちょっとした引け目は、それがユーザーに愛されているコンテンツであればあるほど強くなる。
S.E.Mというユニットだけでもそうなのに、SideMはそれひとつで完結しているわけではないばかりか、「THE IDOLM@STER」という巨大コンテンツの一角で、今からはじめるなんて、それこそ広大な海に身一つで投げ出されるようなもの。
友人だけでなく、アイマス好きな知人からも、「プロデューサーとアイドルが一緒に進んでいける愛あるコンテンツ」だと聞いていたからなおさら、今さら足を踏み入れることに強いためらいがあった。
だって、愛って怖いじゃないか。
 
コンテンツにむけた「愛」というのは、強ければ強いだけ内側に向かって収束していくことが多い。
愛ゆえに「全部知りたい」と思うのは自然なことだし、それが悪いとはちっとも思わない。けれど「全部知りたい」が「全部知らなければ」となった瞬間、新しく門戸をたたく人間をはばむ、高い高い壁になる。
「その壁を越えてみせよ!」という姿勢を貫くのはそれはそれで良いのだけど、百夜通いみたいなやり方は結局のところ多くの人の心を折るだけに終わることも多く、下手を打てばコンテンツそのものの縮小を招きかねない。
閉じていく姿勢は良いコンテンツであればあるだけもったいないと個人的には思うのだけど、とりあえず今したいのはその話ではなかった。
 
そんなこんなで今から入る沼もそうなんじゃないかと、最初はずっと怖かった。だからこそ、今から一緒に進んでいける子たちがいるのはとても心強かった。
そうして、体調も仕事もなんとかなったところで、2つのユニットを担当しようと思ってゲームをはじめた。
 
操作方法もあやふやなままはじめて半年ちょっと。イベントを走って、CDを買って、聞いて、覚えて、コールの予習をしたりライトを買ったりしているうちに2nd LIVEの日がやってきた。なんとか手に入れたライビュのチケットを手に、同じ時期に沼へ落ちた友人と二人でワクワクしながら映画館へ。
 
1日目。
これまでの魅力をぎゅーっと詰めこんで、爆発させたみたいなステージだった。他ユニットの良さも思う存分味わってきたけれど、やっぱり一番目を奪われたのは担当ユニットだった。
興奮しすぎて記憶も飛んでるところが多いけれど、「小さなボートで」という言葉を耳にしたのははっきりと覚えている。
それは、ゲーム内で初めてLegendersが参加したイベントで手に入れたカードの台詞。プロデューサーとユニットメンバーと「4人乗りの小さなボートで、アイドルという未知の海域へ」という優しくて前向きな言葉。文字だけだったその言葉をライビュ会場で聞いて、ブルーグレーのライトを握りしめて泣いた。
終盤、後発ユニットゆえにずっと受け入れてもらえるか不安だったという演者さんたちの言葉を聞いて、現地で一本でも多くこのライトを見せられなかったことを、ひどく申し訳なく感じた。
これからもずっと、応援し続けようと思った。
 
そうして2日目。
楽しい時間はあっという間で、名残惜しさと寂しさで泣きそうだったけれど、「顔を上げなさい」「これから楽しいことばかりじゃないか」と言われて背筋がのびた。「僕らキャストは応援してもらってここに立てる」と言われて、遅くなんてなかったとようやく思えた。
 
そして最後に、今後の展開についてビッグニュースがいくつも発表された。
新しいゲームやアニメ化というのは、さらなるユーザー獲得へ大きく舵を切ったも同然。
これについての感想は人それぞれだろうけれど、私はとても嬉しく思う。
 
だって「今からでも知ることができてよかった」と出会って一年にも満たない自分でさえ思えたのだから。新しく出会った人もいつかきっと、そう思う日が来る。なら、入り口は狭いより広い方がきっといい。
そうやって、誰か一人でも、もちろん全員でも、「応援し続けたい」と思うアイドルを見出してくれる人が増えたなら、それはとても嬉しいことだと思うのだ。
 
いつからか、肩までどっぷり沼の中。
それはそれで楽しいものだと、パンフレットを眺めながら今日もイベントを走っている。

 

*1:SideMのゲーム内コンテンツの一つ。ユニットの結成エピソードなどを明かす通常号と、イベントごとに更新される増刊号があり、ともに「思い出メモ」と呼ばれるアイテムを集めることで読むことができるようになる。